買取で高値が付く着物のポイント 4つ

 

買取で高値が付く着物のポイント 4つ

買い取ってもらえる着物の中にもいろいろありますが、高値で買取してもらえる着物と、そうではない着物があります。ここでは高値で買い取ってもらえる着物のポイントを、4つお伝えします。

 

1.生地が絹

基本的には木綿やウールの着物も査定はしてくれますが、やっぱり絹のお着物のほうが、高値が付きます。業者によってはウール、木綿は一律で買い取れないっていうところもあります。

 

 

2.シミ、傷、汚れのないもの

シミや傷があっても、査定は出来ますが、やはり着物の状態がいいか悪いかは、査定額に大きな開きが出てきます。

 

 

3.有名作家のもの、伝統工芸で証紙のあるもの

人間国宝などの有名作家が手がけた着物、大島紬や結城紬、加賀友禅などの伝統工芸品は、やはり高値がつきやすいです。(ただし人間国宝の作品だからと言って十万円以上の値が付くことは、滅多にありません。)

 

 

4.丈が長めのもの

160cm以上の丈が長いものは、仕立直しがし易いので、高値で買い取ってくれます。

 

 

その他、流行りの絵柄、幅広い年齢層が着られる色などはちょっと査定が付くみたいです。

 

 着物の買取り査定を申し込むなら・・・


 

参考:着物を高値で買取してもらうコツ 5つ

 

↑ ページの上部へ

着物のネット販売